診療のご案内

診療科目

産科・婦人科

産科

妊娠初期から出産(もちろん帰省するまででも可能です)、産後まで母体の変化や胎児の成長を患者さんと一緒に最新の超音波検査で診察しています。(ご主人も一緒に閲覧可能です)
希望により、お母さんの血液検査から胎児のダウン症、18トリソミーや神経管の異常などの可能性を調べるクアトロテストや羊水を穿刺吸引して胎児の染色体異常を調べる羊水検査も当院では施行可能です。(但し、当院で定期健診を受診されている患者さんに限ります)
なお、分娩に際しては当院ではソフロロジー式の分娩方法を取り入れています。

婦人科
 

子宮疾患(例えば子宮癌、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮ポリープなど)や卵巣腫瘍の有無を検査し治療していきます。(市の癌検査も施行しています)
更年期の患者さんにはホルモン補充療法、漢方薬治療、アロマトリートメントなども行っています。骨密度測定も実施しています。
子宮下垂や子宮脱に対しては違和感の少ないリングを挿入する治療を施行しています。その他に自費診療で、避妊に対する低用量ピルの処方や避妊用リングの挿入も施行しています。

診療医表

    
 
午前診
9:00

12:00
1診察 児島 中村
(貴)
中村
(貴)
中村
(貴)
加藤 矢田
2診察 矢田 原田 児島 矢田 児島 児島
午後診
16:00

19:00
1診察 児島 児島 中村
(貴)
中村
(三)
中村
(貴)
専門外来 胎児ドッグ
14:00~16:00
助産師外来
(第2・4 AM)
胎児ドッグ
14:00~16:00

助産師外来
(AM・PM)

一カ月健診 一カ月健診
  • 休診日:日曜日・祝祭日・土曜日午後
  • 受付時間は午前診11:30、午後診18:30までとなっております
    (急患・入院・分娩・手術は随時受け付けます)
  • ピンクの表記は女医
  • 初診の方は予約ができませんので直接お越しください。

当院では10カ月無事に安産で元気なお子様をご出産なさいますよう、職員一同、誠心誠意お役に立ちたいと願っております。

定期健診と検査

妊娠中の検査について

妊娠週数 検査・費用 教室
初期
5~8週
  • 超音波・検診料:5,800円
初期
8~12週
  • 血液検査
  • 子宮頚部細胞検査(子宮癌検診)
21,500円~24,500円
(超音波・検診料:5,800円含む)
中期
12~20週
  • 超音波・検診料:5,800円
栄養士指導(注1)
中期
20~25週
  • 血液検査
  • クラミジア抗原検査
13,500円(超音波・検診料:5,800円含む)
助産師外来 (注2)
後期
25~32週
  • 超音波・検診料:5,800円
母親教室 (注3)
助産師外来 (注2)
後期
32週~
  • 血液検査
  • GBS(B群溶連菌)検査
9,000円(超音波・検診料:5,800円含む)
母親教室 (注3)
助産師外来 (注2)
後期
36週~
  • 胎盤機能検査(1,000円)
  • NST検査(2,500円)
超音波・検診料:5,800円+検査料
母親教室 (注3)
助産師外来(注2)
  • クラミジア抗原検査、GBS検査はおりもの検査のための内診があります。
  • 胎盤機能検査は検診で採っていただいた尿で検査します。
  • NST検査は適宜行います。
  • 妊娠40週以降は週2回、その他医師の指示する日、この他にも異常がありましたらいつでも申し出てください。
  • 注1:栄養士指導は妊娠12週以降に1回ご受講ください。
  • 注2:助産師外来は妊娠中に1回ご受講ください。
  • 注3:母親教室は妊娠30週以降に1回ご受講ください。

超音波健診のご案内

スクリーニング検査(胎児ドッグ)

当院では、妊娠中に1回、赤ちゃんの発育状態や妊娠週数に応じた形態異常の有無、胎盤、羊水量などをお調べします。 一般の妊婦検診と異なり、詳しい超音波検査のみの診察を予定しています。検査は強制ではありませんが、なるべく受診されることをおすすめしております。 ただし、子宮内の胎児の動きや向きによって見えにくいこともあり、全ての胎児の異常が検出される訳ではないことをご了承ください。

20~24週 1回
28~32週 1回

上記の週数で受けられることを推奨いたしますが、それ以外の週数、または1回のみでも受診可能です。

4D超音波

当院では、最新の超音波機器でおなかの中の赤ちゃんのさまざまな動きや表情を立体的にお見せすることができます。その検査は患者さまの希望により、スクリーニング検査(胎児ドック)にあわせて施行しております。なお、4Dのみの超音波検査はご遠慮ください。

ご希望に応じてビデオ撮影もいたします。検診時にお渡ししておりますUSBをお持ちください。また、4Dは羊水の量や赤ちゃんの姿勢によりうまく記録できない場合があります。

スクリーニング検査(4Dなし)
実施日
毎週月・水曜 14:00~16:00
対象
妊娠中 1回程度
実施時間
10分くらい
費用
3,000円
スクリーニング検査(4Dあり)
実施日
毎週月・水曜 14:00~16:00
対象
妊娠中 1回程度
実施時間
10分くらい
費用
4,000円

上記の週数以外でも施行しておりますのでお問合わせください。

超音波検診時のUSB撮影

当院では、3~4カ月から出産までの間、USBに記録します。胎内での赤ちゃんの成長をご家族の皆さんで楽しんでください。赤ちゃんにとってもよい記念となるでしょう。

男女産み分け相談のご案内

当院で行っております男女産み分けは、性の選別を目的に行うものではなく、あくまでもご妊娠・ご出産を目的に行われます。希望通りではない性別に対して、中絶などをお考えのご夫婦は、当院での基本方針とは異なりますので、そのようなケースでの男女の産み分けは当院ではお断りしております。

産み分けの論理

生まれてくる子どもの性別は、精子と卵子が受精する瞬間に決まります。性別を決定する遺伝子「性染色体」は、女性の場合はXX、男性の場合はXY。女性の染色体は2個で1組のすべてX染色体からなり、一方男性の染色体はX染色体とY染色体がひとつずつ対で1組となっています。

X染色体をもつ精子と卵子が受精すると受精卵はXX、つまり女の子になり、Y染色体をもつ精子と卵子が受精すると受精卵はXY、つまり男の子になるのです。男女産み分けは、男の子がほしい場合はY染色体をもつ精子と卵子を受精、女の子がほしい場合はX染色体をもつ精子と卵子が受精するような環境を作ります。

実際の産み分けの方法

タイミング法・ゼリー法・内服薬(天然カルシウム)を利用し、男女の産み分けを指導しています。ゼリーの使用や内服薬服用による副作用は胎児への影響は現在まで報告されてません。

男の子を希望される方
  1. リンカル(カルシウムを含んだ薬)を1日4錠内服し、妊娠が確認されるまで服用を継続してください。
  2. 体温をきちんと測定し、排卵日を正確に把握する。
  3. 排卵日当日に性交する。
  4. ご希望によりグリーンゼリーを使用する。
女の子を希望される方
  1. 基礎体温をきちんと測定し、排卵日を正確に把握する。
  2. 排卵日2日前に性交する。
  3. 性交時には必ず、ピンクゼリーを使用する。

助産師外来のご案内

妊産婦の方を対象とした個別の保健指導です。妊娠中から助産師とのかかわりを深め、積極的にお産に臨んでみませんか?妊娠・分娩に関するいろんなお悩みやご相談を私たち助産師にお聞かせください。

  • おっぱいのチェック
  • 腰痛がつらい….
  • 妊娠中の不安や心配事等、もっとゆっくり話しを聞いてほしい
  • 着帯や母乳育児に向けての準備
  • 自分なりのバースプラン
  • 当院での入院、出産に関する事 等

詳しくは教室のご案内をご覧ください。

母乳育児外来のご案内

さい帯血保管

さい帯血“とは、胎盤と赤ちゃんをつなぐ、へその緒の中に流れている血液のことです。さい帯血の中には、身体のいろいろな部分を作り出す『もと』になる細胞がたくさん含まれているので、現在は白血病をはじめとする血液の病気の治療に有効に利用されています。万が一、生まれてくるお子様が将来、白血病と診断された場合、本人のさい帯血が保管されていれば100%の適合率なので、早期に高い治療効果が得られることとなります。 また現在では、さい帯血の細胞を利用し、臓器・筋肉・血管などを再生させる研究も進められています。

この貴重なさい帯血を採取できるのは、出産の時が唯一の機会です。

ご興味をお持ちの方はステムセル研究所のホームページをご覧ください。
http://www.stemcell.co.jp/

詳しい資料はこちらからご請求ください。
https://www.stemcell.co.jp/requests/

個人情報保護法について

当院では、診療目的のために患者さまよりさまざまな情報をおうかがいしております。これらの情報は、決して他用することなく厳重に管理しております。原則当院では患者様のお呼び出しをカルテ番号でお呼びしておりますが、ご希望・ご状況によりお名前でお呼びすることもありますのでご了承ください。

当院の個人情報の取扱いについて

当院は患者様の個人情報保護に全力で取り組んでいます。

当院は、個人情報を下記の目的に利用し、その取り扱いには細心の注意を払っています。個人情報の取り扱いについてお気づきの点は、窓口までお気軽にお申し出ください。

当院における個人情報の利用目的
  • 医療提供
    • 当院での医療サービスの提供
    • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業所等との連携
    • 他の医療機関等からの照会への回答
    • 患者様の診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
    • 検体検査業務の委託その他業務委託
    • ご家族等への病状説明
    • その他、患者様への医療提供に関する利用
  • 診療費請求のための事務
    • 当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
    • 審査支払機関へのレセプト提出
    • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
    • 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
    • その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求のための利用
  • 当院の管理運営業務
    • 会計・経理
    • 医療事故等の報告
    • 当該患者様の医療サービスの向上
    • 入退院等の病棟管理
    • その他、当院の管理運営業務に関する利用
  • 企業などから委託を受けて行う健康診断等における、企業へのその結果の通知
  • 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
  • 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  • 当院内において行われる医療実習への協力
  • 医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
  • 外部監査機関への情報提供
付記
  1. 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出ください
  2. お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  3. これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。